スポンサーリンク

【FXとは】超簡単に解説【基礎知識】

資産運用・投資

最初に言っておきます。

この記事、読んでもFXで勝てません!笑  勝つための記事ではないのでご了承ください。

勝つための記事なら諸先輩方達がもっと立派な手法等を公開してくれているのでそちらへ!笑

今回私が書くのは

「FXって言葉は聞いたことあるけど、結局何?」

「FXでどうやってお金を増やすの?」

といった、FXのことを知りたい!FX興味はあるけどちょっと怖いといった方に向けた内容です。

難しい専門用語などは極力使わず、FXのことを全く知らない人でも分かりやすい言葉でまとめてみました。

スポンサーリンク

まずシンプルに「FX」って何?

FXとは「Foreingn Exchange」の略です。

日本語でいうと「外国為替証拠金取引」のこと。 なんか難しそうですね。

でも大丈夫です。正式名称知っててもそれはFXやるには関係ないですから。

簡単に言うと、「2つの通貨同士の価値の変動で利益を取る」という感じです。

「円高」とか「円安」という言葉を聞いたことがあると思いますが、それを利用します。

例えばの話をします。

分かりやすいように1ドル=100円だったとします。

あなたは1ドル=100円の時に1ドル購入しました。

ところが数日後、1ドル=101円になっていました。

この時その1ドルを手放せば、あなたは101円を手にします。

お?1円増えましたね?  これがFXで利益を手にするカラクリです。

ちなみに、株だと持っている株の価値が上がれば「儲け」で下がれば「損失」のイメージなんですが、

FXは「上がるか・下がるか」どちらでも選べるのが特徴です。

「FXで1日で○十万円稼いだ!」って話は本当?

上で説明した内容は分かりやすいように1ドルを100円と101円で説明しました。

が、FXをしていると分かってくるのですが意外と1円の変動ってありません。(通貨によりますけどね)

数日~数週間・数カ月単位で見れば変わりますが毎日のように1円単位で変わることってなかなかありません。

ほとんど「○銭」の範疇です。

じゃあ「1日で○十万!」とかは嘘なの?って思いますよね。

まぁ中にはホラ吹いてる人もいるかもしれませんが、全員がそうとは言い切れません。

1日で○十万って十分可能なんですね。

でも上の説明だけ聞いてると「大金使える人だけでしょ」と思いますよね。

そりゃあ運用が巨額であればあるほど利益も増えるのは確かです。

でも元手10万でも「1日1万円」なら十分可能です。

その理由は「レバレッジが効くから」なんです。

レバレッジ?   レバレッジとは「てこ」または「てこの原理」のことです。

FXには「レバレッジ」がある

先に言います。国内では「25倍」です。

意味分かりませんよね。今から説明していきます。

FXを始めるときにまず「1000通貨」か「10000通貨」かを選びます。(業者によっては100通貨等もあります)

1000円単位・10000円単位で買うってこと?  ではないんですね。

「1000ドル」か「10000ドル」、どちらで取引するか。 ということです。

この「1000ドル」「10000ドル」の単位を【Lot】といいます。日本語でいうと【一口】といった感じです。

単位はFXを扱っている業者によって変わります。(詳しくは別記事で)

この記事を書いている今現在1ドル=108.8円程度です。

1万ドルって言われたら、「え、108万8千円いるの!?」という計算になります。

なんだ結局金持ちしかできないのかよ と、思わないでください。

ここで「25倍」の出番です。

簡単にいうと、「あなたの資金、25倍して使えますよ」ってことです。

仮に10万円の資金があるとします。これ、25倍までなら認めますよってことです。

なので10万円なら「250万円」として運用できるということです。

そうなってくると上で書いたように「1万ドル=108万8千円」が買えますね。

逆の言い方をすると「1万ドル=108万8千円」なのでその25分の1の「43520円」あれば

1万ドル(1Lot)を持てるということです。 10万ドル(10Lot)なら「435200円」です。

これが「レバレッジ」の効果です。

レバレッジを効かせて実際に取引をしてみると?

早速上の説明で用いた1ドル=100円が1ドル=101円に上がった例を当てはめてみましょう

まずは先に言ったように「上がるか」「下がるか」を選びます。

仮に「上がる」と思ったとして、あなたは【1ドル=100円】の時に1Lotの【ドル】を「買い」ました。

この時【1ドル=100円なので1Lot買うと100万円分】でした。

その後予想通りドルは上がり、【1ドル=101円】となった時に今度はその1万ドルを【売り】ました。

【1ドル=101円なので、1Lot分だと101万円】になります。

1Lotの購入で「1万円」の利益が出たことになります。10Lotだったら「10万円」の利益ですね。

これが「FXで稼ぐ仕組み」です。

リスクはないの?

リスク、あります。  今までの話はあくまで「稼ぐ」仕組みです。

ここからは「負ける仕組み」の説明をします。

詳しい説明は不要なんです。 なぜなら「上で書いた逆」が起こればそれが「負け」だからです。

簡単に説明します。

あなたは「1ドル=100円」の時に「今から上がる」と思って1Lot(1万ドル=100万円)買いました。

ところがその後「1ドル=99円」に下がってしまったので「1万ドル=99万円」になりました。

1万円減りましたね。 「43520円」は「33520円」になりました。 これが「負ける」ということです。

ちなみに「下がる」と思って【買い】ではなく【売り】にしていれば結果は逆になって「1万円の儲け」です。

最後話がそれましたが、リスクは以上です。

資金がマイナスになるのは困る

これは困りますよね。最悪借金ですもんね。

でも安心してください。基本的には「ゼロはあってもマイナスにはならない仕組み」があります。

それが「ロスカット」と言われる仕組みです。

これはあなたが持っている「証拠金」が一定の割合を下回った場合に業者によって強制的に

取引を解除されるという仕組みです。

この「割合」は業者によって違います。50%~100%の間が多いです。

では今回も「1ドル=100円」の例を当てはめて説明していきます。

あなたは「5万円」を元手(証拠金として入金)に始めました。

ドルの価値が上がる(100円より大きくなる)と思ったので1Lot【買い】ました。

ところがドルは予想に反して「1ドル=97円5銭」まで下がってしまいました。

この時点で「2万5千円」の損失になります。

ということは元手(証拠金)5万円は2万5千円になり、50%まで減ったわけです。

この時点で業者によってそのLotは強制的に解約され、手持ちは2万5千円になってしまいます。

「もうちょっと待てば上がったかもしれないのに!」と思うかもしれませんが、

「もうちょっと待ってたら更に下がった」可能性もあったわけですよね。

そう考えるとこれは非情な仕組みというよりは温情なのかもしれません。

まあでもこうならないように1Lot分ギリギリのお金でやるのではなくて、

「10万円入れて5万円を使う」ような証拠金に余裕を持った運用をするのが望ましいですね。

ただここで一つ注意点があります。  「ロスカットは100%確実ではない」という点です。

それは極稀なことなんですが、「ロスカットが追い付かない」場合があります。

最近でいうと「スイスフランショック」というやつですね。 興味がある方はお手数ですがググってみて下さい。

あまりにも「急激に」価格が変動した場合にシステムが追い付かず、

「証拠金の50%でロスカット」どころか「証拠金を大きく超えてマイナス」になってしまったようです。

ちなみにここまでの話は「国内のFX業者」の話です。

「海外のFX業者」では「証拠金マイナスにならない」ことが保証されている業者もあるようです。

ではこの後は「FXに関するその他の知識」についてお話しします。

FXは副業なのか?

サラリーマンで副業として考えている方は気になるところですね。

実は私の会社も副業NGなんです。

ただこれが難しいところで、

「FXは【副業】なのか【資産運用】なのか【ギャンブル】なのか」の判断が微妙なんですね。

その判断は「会社による」ようです。  もし聞きやすい環境なら聞いてみるといいですね。

ただ仮に副業と言われても会社に「バレずに」やる方法があります。

その為にはまず「なぜバレるか」を知る必要があります。  

バレる原因は「住民税の引き落とし」です。

サラリーマンのかたは給料から住民税が天引きされていることが多いと思います。

FXで利益が出て所得が増えるとその分住民税の金額が増えますよね。

そうなると会社からすると「ん?コイツ所得○○万円のはずなのに、住民税の金額おかしくない?」となって

バレるわけです。

でも大丈夫です。これはやり方を知っていれば回避できるんです。

2000万円以下の給与所得があり、且つ、FX取引において「20万円を超える利益」が出た場合は、

会社で行う「年末調整」とは別に自分で「確定申告」を行う必要があります。

そしてこの確定申告の際に、

「給与・公的年金に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法」という欄で、「自分で納付」を選ぶ。

これだけです。簡単ですね。

ようするに「給料以外で得た利益分は給料からの引き落としじゃなくて自分で払うよ」って選択をするわけです。

そうすれば会社で給料から天引きされる住民税は今まで通り「給与所得の分だけ」になるわけですね。

終わりに

さてここまでFXについてまだまだ初心者の私が初心者なりに分かりやすく書いてきたつもりです。

本当なら「こういう手法ありますよ!」とか「こうやれば勝てる確率上がりますよ!」といった、

「勝ちたい人向け」の情報を発信できるといいのですが、今の私ができるのはまだここまでです。

FXに興味がある方の参考になれば幸いです。

今後としては「いざFXを始める準備」という記事ぐらいなら私の知識でも書けると思うので、

そちらも書いていけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました